探偵作家・雑誌・団体・賞名辞典-り-


寮快太郎(りょう・かいたろう)

生年経歴一切不明。
1940年(昭15)、第26回サンデー毎日大衆文芸募集に「豪華なるX殺人事件」が佳作入選。

幻影城掲載誌:37/


猟奇(りょうき)

猟奇創刊号表紙1928年(昭3)6月創刊。猟奇社発行。
江戸川乱歩が1926年(大15)に東京に居を移すと共に、「探偵趣味の会」の機関誌「探偵趣味」の発行元が東京の春陽堂に移った。そのため、関西の会員の拠点とするべく、「映画と探偵」「探偵・映画」が推薦雑誌になっていたが、廃刊後、同人の春日野緑山下利三郎本田緒生、滋岡透(河東茂生)が中心となり京都で発行していた。毒舌寸評が辛辣で、注目を集めた。
1930年(昭5)5月から1931年(昭6)3月まで中絶し、復活してからは猟奇社は京都から大阪に移った。同人は春日野緑、丸尾長顕、村島歸之、滋岡透(河東茂生)、高山義三、一条栄子、一ノ木千代、岡敏江。刑事弁護士高山義三執筆による犯罪研究の記事、夢野久作の猟奇歌が好評を博した。また、「猟奇倶楽部」という会合が大阪、神戸、京都で毎月開催されていた。1932年(昭7)5月廃刊。会計担当者の横領が原因だといわれる。

幻影城掲載誌:36/



戻る進む